暮らしと勉強 Bettyのブログ

実家の母を介護するために北海道から引っ越してきました。実家の片づけと空いた時間の勉強をメインに綴っていきます。

「私は騙されない」・・・いやいや、かなり危ないよ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな暮らしへ
にほんブログ村

詐欺団は、元号が変わるずいぶんと前から準備をしていたようです。

元号詐欺が後を絶ちません。

タイの高級住宅では、日本向けの振り込め詐欺のためのコールセンターが設置されていたとか。

日本語のマニュアルがあり、何台もの電話とパソコン、そして日本人のオペレーター(っていうのかしら)が15名いたそうです。

わずかな期間で2億5000万円もの被害額が出ています。

 

「令和」の発表を受け、ソフトバンクだのNTTだのを名乗るキャッシュバックキャンペーンのメールが出回っているとか。詐欺です。

www.xn--u8j9cuc3a1045az8akz4jtu1c6ej.com

 

それでなくても、Googleをあけるたびに、出てくる嫌な「お知らせ」?

偽者です。

 

f:id:Betty0918:20190404191143p:plain

 

猫の顔が悪者に見えます。

こんな偽者が出るから、ヤマトさんからLINEがきても「ん?詐欺?」と疑ってしまいます。

www.betty0918.biz

 

母には常日頃から、「オレオレ詐欺に気をつけるように。電話がかかってきてもお金の話ならすぐに切るように。」と言っており、母も「もちろんよ。私は騙されないわ。」と言っています。

 

数日前、家の固定電話に私の従弟から電話がありました。

「遺産相続について相談したいことがあるから、近々会いたい。」と言うのです。

これは詐欺電話じゃないですよ。

まちがいなく従弟です。

で、私は電話を切った後、妹にも電話をして日時と場所の連絡をしました。

「なんだろうねぇ、遺産の話なんて。私たちがもらう遺産なんて1円もないのに。うん、相談って言ってた。遺産をくれるとは一言も言ってないよ(笑) 田舎の放りっぱなしの畑をどうしたらいいかとか、そんな話かねぇ。」なんて電話で言っていたのです。

それを聞いていた母。

私が電話を切った後。

「一男ちゃん(妹の長男=私の甥っ子=母の孫)が借金を申し込んできたの?そのくらい出してあげなさい。」と母が言う。

 

はい?

 

どこから一男ちゃんの名前が出てきた?

一男ちゃんが借金してるなんて、母の脳内でまた架空の物語ができてしまったらしい。

 

しかも普段から「私は騙されない」って言ってる母なのに、「そのくらい出してあげなさい」だって。

「そのくらい」って「どのくらい」?

 

母「5万円くらい出してあげなさい!」

 

・・・5万円?どこから出てきた?

5万円くらいでオレオレ詐欺やってたら、交通費と人件費と通信費で赤字じゃね?

 

私「違うよ~、一男ちゃんの話じゃないよ。」と詳しく話すのは面倒なので、さらりとかわす。

母は「あら、そうなの。」と素直に納得するのですが、それから10分もすると、「一男ちゃんが借金したんでしょ。お金出してあげなさい。」と言う。

面倒だけど、そのたびに「違うよ~」とあしらう。

ここで「さっきも言ったでしょ!」と怒ってはいけない。

 

「私は騙されない」と言っている母。

だめだ。

母を騙すのは簡単かもしれない(笑)

でも大丈夫。

母のキャッシュカードも通帳も印鑑もすべて私が預かっているから。

母は暗証番号すら知らない。

母のお財布には小銭が入っているだけ。

詐欺団の方、ウチに来てもお金ないからね!

 

いっそ、固定電話やめようかしら。

 

私の朝ごはん。

コーンフレークで朝ごはんの予定が、母がパンケーキを半分残したので、それも食べるハメになった。

量が多くなり、お腹いっぱい。

f:id:Betty0918:20190404193608j:plain