暮らしと勉強 Bettyのブログ

実家の母を介護するために北海道から引っ越してきました。実家の片づけと空いた時間の勉強をメインに綴っていきます。

上野千鶴子氏の祝辞と「在宅ひとり死のススメ」

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな暮らしへ
にほんブログ村

北海道の友人から送られてきました。

北海道の梅もまもなく終わりです。

f:id:Betty0918:20190514161518j:plain

 

介護について、情報発信してくださっているいつこ・ふみあき(id:itsukofumiaki)さんのブログで、上野千鶴子氏の「在宅ひとり死のススメ」について紹介されていました。

www.itsukofumiaki.work

 

興味があったので記事を読みましたが、「文藝春秋」買いたくなっちゃったなぁ。

bunshun.jp

 

上野千鶴子氏といえば、先月12日の東大の入学式での祝辞で物議を醸したばかり。(東大の入学式は毎年何曜日であっても4月12日に行われます)

私も4月12日の夕方にはネットニュースで祝辞の内容を目にしました。

頑張っても公正に評価されない社会がある、東大女子が苦悩する差別の理不尽さ、東大に入れたのは環境のおかげだということを忘れるな・・・などといった辛口の演説、そして最後に付け足しのように「入学、おめでとう」と祝辞を〆ました。

東京医科大学の不正入試などもあり、社会から大絶賛を受けるのかと思いきや、この植野千鶴子氏の祝辞は、賛否両論でした。

 

内容はともかく、私はこれを入学式の祝辞にしてほしくなかったというのが、率直な感想。

環境は確かにあるけど、東大に入学した学生は環境以上に努力もしているはず。

入学したその日にこの祝辞は可哀想な気がしました。

新入生のオリエンテーションとか、学内の講演会でなら、いいのかなと思うけど。

 

上野千鶴子氏は富山県出身で、石川県金沢市の高校を卒業しています。

私の父の故郷が富山ですし、私は結婚するまで金沢市で育っていましたから、彼女に親近感を勝手にもっています。

過去に「アグネス論争」などいろいろな場で鋭い発言をしてらっしゃいましたが、今の「在宅ひとり死のススメ」は私も賛同する部分があります。

「『おさみしいでしょう』なんて大きなお世話」ってのも納得(笑)

おひとりさまの老後 (文春文庫)

おひとりさまの老後 (文春文庫)

 

 「認知症があっても独り暮らしは可能」という上野千鶴子氏の考えは、まるまる賛同することはできませんが、その方が本人には幸せなのかなと思います。

ただ92歳の母は私と同居する前「私は独りで気楽にやっているのよ!」と言い放ったのですが、今こうやって同居すると、今の暮らしは悪くないと思ってくれているような気がします。

口にはしないけど。

 

「一緒に暮らしてくれてありがとう。」とは一言も言ってくれたことはないけど。

f:id:Betty0918:20190514161142j:plain

「ありがとう」って伝えたくて~♬

 

妹がイベントでお世話になった方々に配ったというお菓子。

「余ったからあげるわ。」とお裾分けもらいました。

f:id:Betty0918:20190514161346j:plain

チョコレートは私が、お煎餅は母が食べました。

ラ・メゾン白金のチョコレート、タブレットが美味しすぎて、買いたくなった😅

ラ・メゾン白金 | トップページ