暮らしと勉強 Bettyのブログ

実家の母を介護するために北海道から引っ越してきました。片づけと大学通信教育部の勉強と猫と介護と。雑記ブログです。

「この子を助けて」猫の聖地トルコでのほっこりする話

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな暮らしへ
にほんブログ村

ブックマークの記事で知りました。

発信は4月27日のTwitter

事件が起こった場所はトルコのイスタンブールです。

 

f:id:Betty0918:20200704214853j:plain

 

トルコのイスタンブールにある病院に、1匹のおかあさん猫が子猫を口にくわえて連れてきたのです。

その病院は動物病院ではなく、人間の病院。

しかも緊急救命室。

トルコの医療従事者は、増え続ける新型コロナウイルスの感染者の治療に追われています。

そんな中やってきた猫の親子。

その猫の親子の周りに救急隊員や医師が集まります。

食事やミルクを与え、子猫を診察し、母親を落ち着かせるように撫でてあげます。

子猫はぐったりとしていましたが、すぐに命に関わる状態ではなく、念のためにとその母猫と子猫を動物病院に連れていったそうです。

 

それにしてもおかあさん猫、ちゃんと病院だということがわかっていて、弱った子猫を連れてきたのかしら。

 

5月にはネットニュースでけっこう話題になっていたそうで、読者の皆さんはもうご存じの事件かもしれませんね。

コロナ禍の中、トルコの多忙な医療従事者の方々は、人間と同じように弱者を助けたという心温まるお話でした。

 

「その後その親子がどうなったか知りたいんだけど。」

f:id:Betty0918:20200704215535j:plain

 

トルコは外猫がとても多い国で、猫さんは町の一員として共存しています。

餌付けも当たり前のように行われています。

野良猫も野良犬も地域動物として、大きな愛で接しているトルコの人々。

 

f:id:Betty0918:20200704220507j:plain

イスタンブールのバザール

トルコ人はそもそもとても猫が好きなんだそうです。

日本でも「地域猫」として、その町で幸せに自由に暮らしている猫さんはいますが、トルコは「国で育てている猫」というレベルだそうです。

 

f:id:Betty0918:20200704223021p:plain

ガラタ塔

f:id:Betty0918:20200704221512j:plain

ボスボラス海峡クルーズの船からの景色

トルコの画像は、長男のお嫁さんが数年前にトルコに旅行した時のものです。

猫好きはトルコに旅行すべし?

世界遺産にも猫がたくさんいて、モスクへの出入りも禁じられていないそうです。

 

トルコ人口の90%以上がイスラム教徒で、イスラム教徒の開祖であるムハマンドは大変な猫好きです。そのためイスラム教徒にとって猫は「神聖な生き物」なんですね。

猫だけでなく犬も大事にしているトルコイスタンブールの人々。

早くコロナが終息して、自由に海外旅行できる日々がくるといいですね。

私は海外旅行苦手だから、日本で十分だけど(;'∀')

 

f:id:Betty0918:20200704222314j:plain

 

 猫の街・イスタンブールで暮らす猫と人の幸せな関係を捉えたドキュメンタリー。

猫が教えてくれたこと(字幕版)

猫が教えてくれたこと(字幕版)

  • 発売日: 2018/05/31
  • メディア: Prime Video