暮らしと勉強 Bettyのブログ

実家の母を介護するために北海道から引っ越してきました。片づけと大学通信教育部の勉強と猫と介護と。雑記ブログです。

猫を飼いたい

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな暮らしへ
にほんブログ村

私は今大学のオンライン授業を自分の能力以上にとってしまい、とても忙しいのです。

毎日授業を受けて、レポートを作成しています。

その日も授業を受けている真っ最中でした。

そんな時に北海道の主人から電話が入りました。

主人「ビデオ通話にしてよ~。」

はい?

この忙しい時に?

ビデオ通話にすると、主人がテンションあがりまくりで、猫の様子を映してきました。

f:id:Betty0918:20201120171752j:plain

主人「可愛いだろ~ね?可愛いだろ~。」

f:id:Betty0918:20201120171838j:plain

主人「この白い猫が俺のお気に入りなんだ。飼いたいんだけどさ。オヤジが喘息だから無理だよね。」

f:id:Betty0918:20201120171931j:plain

主人と一緒に暮らしている義父は喘息もちです。

ましてや主人も義父も猫を飼ったことはありません。

我が家のハナさんが北海道で暮らしていた頃は、主人は茨城に単身赴任していましたので、主人はハナさんと暮らしたこともありません。

しかも今現在、主人は義父と二人暮らしですが、来春にはたぶん転勤があり、二人暮らしにも終止符が打たれる確率大なのです。

動物を飼うなんて絶対に無理!

 

f:id:Betty0918:20201120172111j:plain

この猫一家は、ご近所猫家族とソリが合わなかったのか、一時他の場所へ引っ越していったのですが、やはり戻ってきました。

f:id:Betty0918:20201120172212j:plain

 

主人よ。

動物を飼うというのは、そんなに簡単なことじゃないんだよ。

 

 

主人は動物が大の苦手でした。

小さな頃近所で飼われていたスピッツに噛まれたのです。

それ以来、動物を撫でることもできなかったはずなのに、ハナさんに時々会っているうちに、いつのまにか動物好きのオッサンになっていました。

 

スピッツ

昭和のあの頃、あちこちの家で飼われてたっけ。

従姉の家でも「コロ」と名付けられたスピッツを飼っていて、いつもキャンキャン吠えてた。

家人以外には、決して懐かなかった。

コロは何度か脱走し、最後は二度と帰ってこなかったな。

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな暮らしへ
にほんブログ村