暮らしと勉強、猫も介護も~Bettyのブログ

実家の母を介護するために北海道から引っ越してきました。片づけと大学通信教育部の勉強と猫と介護と。雑記ブログです。

足利尊氏VS直義~史上最大の兄弟喧嘩

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな暮らしへ
にほんブログ村

大河ドラマアンコールで昨年4月から放送されていた『太平記』が先日終わりました。

若き日の尊氏から始まり、最終回は観応の擾乱で弟の直義が亡くなり、その6年後尊氏が亡くなったところで終わりました。死ぬ間際、3代将軍足利義満への期待を匂わせます。

足利直義が、兄尊氏の手によって毒殺されたのは正平7年2月26日=西暦1352年3月12日。669年前の今日です。
私は最近「今日は何の日」に絡めて歴史を語るのが好きですが、和暦でいったり西暦でいったりしてます。気まぐれですみません😅

 

 

太平記とは

太平記』は日本の古典文学。
歴史文学に分類され、日本における歴史文学では最長とされます。成立は室町時代
 
NHK大河ドラマの『太平記』は、原作が吉川英治氏の『私本太平記』で、脚本は池端俊策氏です。後半は仲倉重郎氏が一部担当してます。
 
足利尊氏の挙兵から、鎌倉幕府滅亡、建武の新政南北朝動乱を経て足利尊氏の死までを描いています。
南北朝時代の動乱を描いた唯一の大河ドラマだと思います。私の個人的な記憶です(;'∀')
 
天皇を敵にした足利尊氏は、日本の戦前において「英雄」にしたくない人物だったのかもしれません。
謀反を起こした明智光秀同様、おもいきった主人公を選んだ大河ドラマだといえます。
池端俊策氏が大河ドラマの脚本を担当したのは『太平記』と『麒麟がくる』の2作品のみです。
 

足利尊氏とは

足利尊氏は、もともと源頼朝と同じ源氏の子孫です。
しかし源氏将軍家は3代で滅びました。
鎌倉幕府を作った源頼朝は弟たちを死に追いやり、頼朝の死後その息子たちも不遇の死を遂げました。
だいたい源の家というのは、一族で殺しあってる場合が多いのです。

f:id:Betty0918:20210311163156j:plain

源頼朝の弟で名将だった源範頼の墓がある太寧寺

源氏将軍家が滅びた後は、北条氏が鎌倉幕府の中心になります。ここは来年大河ドラマ『鎌倉殿の13人』でやりますね。楽しみです。

足利尊氏は北条氏に仕える家臣です。
 
建武の新政
尊氏はとにかくいくさに強く、後醍醐天皇が「平安時代のように、天皇が日本で1番偉くなるぞ!」と、幕府を攻めてきた時も返り討ちにして、後醍醐天皇島根県隠岐島流しにしてしまいます。
しかしその2年後、島から脱出してきた後醍醐天皇は、今度は足利尊氏を誘い、一緒に北条氏を倒して、鎌倉幕府を滅亡させてしまいます。
 
室町幕府
武士たちは「後醍醐さんの天皇中心の政治のせいで、武士の立場がありませんよ。正直やってらんないっす。」とグチり、それに心動かされた尊氏は、後醍醐天皇を裏切って、武士中心の幕府を作りなおします。
これにキレた後醍醐天皇は尊氏を殺そうとしますが、なにしろ足利尊氏は「いくさ、最高!」のノリですから、後醍醐天皇は尊氏にボロ負けします。
尊氏はわかりやすい武将ですから(単純?)、「尊氏マジ神!」みたいについていく武将も多かったのです。
こうして尊氏は京都で室町幕府を開いたのです。
 
参考文献
東京大学編纂所教授本郷和人氏の本です。NHKBS『英雄たちの選択』でも室町幕府について解説していらっしゃいました。

 

観応の擾乱とは

足利尊氏とその弟、足利直義は、幕末から明治にかけての大久保利通西郷隆盛の関係に似ています。

力を合わせて、室町幕府を作ったものの、その関係は悪化し、最後は相手を死に追いやるのです。

 

だいたいなぜ尊氏が室町幕府を開いた後に早々と政治を直義にまかせて自分は引きこもっていたのか、よくわかりません。

当時の歴史書『梅松論』には「御口入の儀なし 」と記されています。尊氏は弟の忠義に政務を譲り、口出しすることはなかったというのです。

天皇に逆らったことでビビっていたとか、戦ばかりの世で仲間をたくさん失い嫌になっちゃったとか、田楽(ミュージカル)に夢中だったからとか、いろいろ諸説ありますが、直義に政治を任せていたのに、最終的に直義派の武士を襲ったり脅したりして、自分の味方にして、直義を毒殺します。←諸説あります。

これが観応の擾乱かんのうのじょうらんです。

 擾乱とは安寧が崩され多くの人が入り乱れて騒ぐことです。敵味方がコロコロ変わったりします。

 

 

自分で殺しておきながら、尊氏は直義への罪滅ぼしのために、毎日地蔵菩薩の絵を描いていたといいます。本当は直義はお兄ちゃんのこと大好きでしたからね。

尊氏は気まぐれで気分が安定していない性格でした。気分屋だったのです。「出家したいな~」とずっと思っていたらしいです。

 

 

4月からの大河ドラマアンコールはルソン助左衛門が主人公の『黄金の日日

楽しみです!

1番楽しみなのは、近藤正臣さん演じる石田三成かな~。

www.betty0918.biz

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな暮らしへ
にほんブログ村