暮らしと勉強 Bettyのブログ

実家の母を介護するために北海道から引っ越してきました。片づけと大学通信教育部の勉強と猫と介護と。雑記ブログです。

母の部屋の風景

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな暮らしへ
にほんブログ村

ハンガーラックを母の部屋に置きました。

必要最低限の服だけ、かけておきます。

f:id:Betty0918:20210502091859j:plain

私が留守中に、パジャマを汚してしまっても、ハンガーラックに替えの下着(ランニング)とパジャマを目につくようにかけてあるので、母が独りで着替えることができます。

 

居間に隣接する部屋ですから、いつも目につきます。

あまり主張のないパステルな花柄のパジャマは、部屋にしっくりなじみます。

 

しかし、母の鞄が黒色です。

母がいつもディケアサービスに持っていくショルダーバッグとリュックです。

f:id:Betty0918:20210502092203j:plain

パステルなカラーの中で、黒色が浮いています。

鞄をしまい込んでいた時期もあったのですが、ディケアサービスから帰宅して母が自分で片づける習慣になっているので、片づける場所が母の目につく所でないと、母が戸惑うのです。

 

鞄は黒色ではなく、茶色とか、もう少し優しい色にしたいな~と思うのですが、長年使っている鞄を替えると、母はパニックになるでしょう。

ディで、「私の鞄がない!誰かが盗んだ!」なんて騒ぎになっては大変です。

黒色は部屋の雰囲気から浮いていますが、そこは我慢です。

 

鞄ひとつですが、認知症の高齢者にとっては大きな問題です。

 

 
 
リュックはディに行く時だけですが、ショルダーバッグは母が出かける時には必ず持っていきます。
母にとって、ショルダーバッグを替えるというのは、タンスを捨てることより重大なことなのです。
使ってないリュックもショルダーバッグも押し入れの中にあるから、それを母に使ってほしいんだけどな(^_^;)