暮らしと勉強、猫も介護も~Bettyのブログ

実家の母を介護するために北海道から引っ越してきました。片づけと大学通信教育部の勉強と猫と介護と。雑記ブログです。

音楽療法、私の場合

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな暮らしへ
にほんブログ村

本日も当ブログにお立ち寄りいただきありがとうございます。

私のブログは雑記ブログですが、今日は音楽のお話です。

 

目次

 

オルゴールサウンド

曲をオルゴールサウンドにすると、なんだか癒されますね。

クラッシックや童謡はもちろん、J-POPだって。

f:id:Betty0918:20210823172601j:plain

オルゴールサウンドが病気の治療に効く…なんてことを聞いたことはありますが、確かに認知症患者さんにはきっと効くと思います。

人間が音として認識できない「20khz以上の高周波音」も身体で感じることができ、高周波音はリラックス・ストレス軽減・免疫力増加などの癒し効果があるとか。

 

ジムの脱衣所で聴いたオルゴールサウンド

私が通っているジムでは、お風呂の脱衣所などで🛀オルゴールサウンドの音楽が流れていたりします。

通常の音で流れていたらすぐにわかるのに、オルゴールサウンドになっていると「あれ?この曲、聴いたことあるけど、何だっけ?」ということがあります。

 

先日もそうでした。

 

脱衣所で流れてるオルゴールサウンド、「この曲、当たり前に知ってるはずだけど、何だったっけ?」と一瞬思い出せませんでした。

でも曲名を思い出していないのに、そのメロディを聴いていると、私の脳内に中学時代の光景が広がった。

 

カントリー・ロード

で、サビの部分が流れて、思い出しました。

「あぁ、オリビア・ニュートン・ジョンの『カントリー・ロード』だ。」

カントリー・ロード』は、ジョン・デンバーの代表曲で1971年の発表です。

私が好きだったのはオリビア・ニュートン・ジョンがカバーした『カントリー・ロード』で、1974年のアルバム「レット・ミー・ビー・ゼア」に収録されたものです。

私は中学生だったな。

 

 
このように音楽によって、脳内にその背景が浮かび上がってきます。
曲名を思い出す前に、その曲が流行った中学校の光景が浮かんできたのです。
 

America's Sweetheart

夏の始めに、ジムでZUMBAのイベントがありました。
このコロナ禍、オンラインでのイベントということで、参加者は少なかったです。
確かにイベントは「生」だからこその、高揚感躍動感です。
でも私は大好きなイントラさんのイベントでしたから、参加しました。
その時に古い曲をかけてくれました。
それがElle Kingの「American's Sweetheart」でした。

hiro-beans-attack-no1.hatenablog.com

 
北海道にいた頃踊っていた曲で、あぁ、この曲大好きだったな…と北海道での楽しかったことが思い出され、踊りながら胸が熱くなりました。

f:id:Betty0918:20210823184944j:plain

北海道はまもなく秋~画像は昨年のものです

音楽療法

「回想療法」には「音楽療法」があります。
音楽の持つ生理的、心理的、社会的働きを活用することで、精神状態を安定させる心理療法です。
音楽療法士」という資格もあり、専門的に音楽を心理療法として使っている施設もああります。

 私の主人は「音楽健康指導士」の資格を持っていますが、それはまた別です。

www.betty0918.biz

 

参考文献

 

 
 
ジムでオルゴールサウンドの「カントリー・ロード」を耳にして、心癒され、気持ちが優しくなりました。
懐かしいオリビア・ニュートン・ジョンの顔が浮かび、オリビア・ニュートン・ジョンの大ファンだった同級生ノッコの顔が浮かびました(笑)
ノッコ、本名を覚えていないほどに、すっかり私の脳内で忘れていましたが。
回想療法とは、そういった懐かしい気持ちにタイムスリップさせてくれるセラビーなのですね。