暮らしと勉強、猫も介護も~Bettyのブログ

実家の母を介護するために北海道から引っ越してきました。片づけと大学通信教育部の勉強と猫と介護と。雑記ブログです。

納豆は好きですか?

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな暮らしへ
にほんブログ村

名古屋生まれ名古屋育ちの母は、納豆が大嫌いです。

そんな母に育てられた私と妹は、結婚するまで納豆を食べさせてもらえませんでした。父もたいして納豆は好きではなかったようで。

でも今、私も妹も、納豆が大好きです(笑)

 

目次

 

胃腸の悩み

  • 食欲がわかない
  • 胃が疲れている感じがする
  • むかむかする
  • ゆるい感じ
  • お腹が張る
  • ゲップが気になる

 

発酵食品の力で胃腸を健やかにするといいのよ。

 

発酵食品

食欲がわかないときには、味噌・納豆・ぬか漬けなどの発酵食品がおすすめです。

発酵食品は消化吸収しやすい状態になっていて、栄養をスムーズに吸収できます。

 

離乳食後期に納豆を

先週、お孫ちゃんのお世話で二女宅に滞在していました。

お孫ちゃんはまもなく生後11か月。

離乳食も集大成にさしかかっています。

 

なんでもよく食べるお孫ちゃんですが、納豆はどうも苦手のようです。

離乳食時期、嫌いな食べ物は味というより食べやすさが問題なのです。

お孫ちゃんはネバネバする感触が嫌いなのです。

 

納豆入りお好み焼

で、お孫ちゃんが食べられるようにと、納豆入りの「お好み焼き」を作ってみました。

 

材料

小麦粉 大さじ2

卵 1個

山芋 適量をすりおろしておく

キャベツ 大きな葉を2枚

ひきわり納豆 半パック

納豆のタレ 1個分

 

作り方

ボールにまずは卵と小麦粉を入れて、泡だて器で混ぜます。

お好み焼きはあまり泡だて器で混ぜずに、お箸でざっくり混ぜると思うのですが、お孫ちゃんの離乳食には、ダマなどできないようになめらかなタネにしました。

 

残りの材料も入れます。

 

フライパンに、うす~~~くオリーブオイルをひいて、両面をじっくりと焼きます。

 

できあがり

できました!

 

納豆嫌いのお孫ちゃんは食べたのか?

しかし。

お孫ちゃんは食べてくれませんでした(´;ω;`)ウッ…

お好み焼きにしても、若干のネバネバ感があり、それが苦手だったのですね。

 

お好み焼きソースをつけると美味しくて「これ、うまっ!」と二女が平らげていました(笑)

材料を、納豆から豆腐(絹ごしをしっかり水切りして)に変えるとお孫ちゃんはパクパク食べてくれました。

いつの日か、納豆を好きになってくれる日もくるかもしれないしね。

 

離乳食

二女は育休中で時間もあったので、離乳食のほとんどを手作りして、冷凍保存していました。

メニューは、ネットで調べたり、図書館で本を借りてきて、工夫していたようです。

 

 

 

 

納豆入りお好み焼きは無理ですが、このメニューに納豆の代わりに干しエビとか鰹節とか入れてお好み焼きソースで味付けしたら、母の介護食に応用できそうです。

 

今日はいい天気でした。

良い1週間になりますように。