暮らしと勉強、猫と一緒に~Bettyのブログ

実家の母を介護するために北海道から引っ越してきました。その介護も終わり、片づけと大学通信教育部の勉強と猫と。そんな雑記ブログです。当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。

カメラ付き携帯~新プロジェクトX~

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな暮らしへ
にほんブログ村

世の中にカメラ付き携帯電話が登場したのは24年前。

あれ、そんな昔だったっけ?

いや、そんな最近だったっけ?

 

当たり前のように毎日スマホを使っていると、それがなかった時代が思い出せません。

 

カメラ付き携帯を世に送り出したのは、J-PHONE SHARP でした。

「弱小タッグが世界を変えた カメラ付き携帯 反骨の逆転劇」

4月13日放送のNHK『新プロジェクトX』をまとめてみました。

 

画像はphotoACのフリー素材画像より

目次

 

写真を撮って送れる携帯電話

2000年。

写メールと呼ばれた携帯電話での画像付きメール送信が可能になりました。

撮った写真をメールで送れる、世界初の携帯電話は日本で生まれたのです。

 

J-フォン

1990年代から携帯電話が普及し始めました。

その市場は先行する2社に占められていました。

出遅れた感じで3番目に携帯電話を販売したのは、JRや鉄鋼会社が出資して作った「東京デジタルホン」という会社。社員は100人あまり。後のJ-フォンです。

通信状況は芳しくなく、「繋がらない電話」という不名誉なレッテルがつきました。

 

シャープ

シャープもまた苦しんでいました。

携帯電話市場に出遅れていたのです。

優れた液晶技術を活かしきれていませんでした。

 

共同開発

1997年、J-フォンとシャープによる携帯電話の共同開発が始まります。

しかし、NTTドコモのインターネットを楽しめる「iモード」が出回り、J-フォンを解約する人が続出します。

J-フォン端末課の高尾さんは、ロープウェイで絶景の眺めの素晴らしさを携帯電話のメールで相手に伝えている女性を見た時、「写真が送れる携帯電話を作ろう」と思いつきました。

景色の素晴らしさを文にするより、写真を見せた方が、相手に伝わるからです。

画像はイメージです

高尾さんは、コンパクトなカメラ付き携帯電話を作ってほしいと、シャープの山下さんにお願いします。

その設計を請け負ったのが、事務職からエンジニアに転向した宮内さんでした。

宮内さんは仕事部屋に籠り、取り組んだ結果、小さく薄い携帯電話にカメラを内蔵させることができました。

しかし、今度は肝心の通信に不具合が出る。

その後さらに改良をかさね、重さ74g、11万画素のカメラを備えた携帯電話が完成します。

2000年11月に発売。

カメラ付き携帯電話は大ヒット商品となります。

J-フォンは業界第2位に浮上します。

 

2024年

あの発売から24年。

携帯電話は進化し、動画も質の良い写真も送ることができます。

それが、SNSという文化を生みました。

 

カメラ付き携帯電話発売の翌年、J-フォンはイギリスの会社ボーダフォンに買収されます。

高尾さんはそれを機に会社を辞め、日本酒を作る会社を企業します。

 

そしてシャープも。

携帯事業部が収益を上げ会社を支えたものの、シャープもまた海外企業に買収されます。

エンジニアの宮内さんは、そのシャープで42年間勤めあげ、昨年定年を迎えました。

 

私の携帯電話

私の初めて携帯電話は、J-フォンでした。

その後何年も、ソフトバンクになってもなお、機種変しながら使い続けていました。

 

現在私が使っているのは楽天モバイル

端末はシャープです。

 

www.betty0918.biz

 

それもあり、今回の新プロジェクトX が大変興味深かったです。

 

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな暮らしへ
にほんブログ村

 

おじさんって、昔からプロジェクトX 好きですよね。

亡くなった私の父も大好きでした。