暮らしと勉強、猫と一緒に~Bettyのブログ

実家の母を介護するために北海道から引っ越してきました。その介護も終わり、片づけと大学通信教育部の勉強と猫と。そんな雑記ブログです。当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。

ペットを飼う高齢者の認知症発症の確率低下

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな暮らしへ
にほんブログ村

ペット飼育は、認知症を発症する確率を低下させる?

そんな研究結果を昨年、東京都健康長寿医療センターの研究チームが公表したと朝日新聞デジタルで伝えています。

 

4年間の高齢者(平均年齢74.2歳)の追跡で、認知症を発症した人について調べたところ、🐶犬を飼っている人は犬を飼っていない人に比べて発症する確率が40%低いことがわかりました。

犬の飼い主のうちでも、運動習慣があり社会的孤立をしていない人の確率が特に低いのです。

一方、猫の飼い主については、🐱猫を飼っていない人との間に意味のある差は見られなかったそうで。

 

「あ、そ。」

犬の散歩などを通じた運動や地域住民とのつながりの影響で認知症抑制に繋がることは、よく聞きますね。

 

一方で、高齢者のペット飼育については、病気や加齢などで犬でも猫でも世話ができなくなる「飼育崩壊」が問題視されています。

またそれ以外にも、ペットがいることで高齢の飼い主が入院や施設入所を拒むなどの問題が生じることもあります。

 

「ペットがいれば楽しいだけでなく、認知症になるリスクが低く、長生きできる?」という安易な考えで犬や猫を家族に迎える人はいないと思いますが。

高齢者がペットを飼っている場合、もしくは飼おうと思っている場合、自分にもしものことがあった時は、ペットの行く末を考えておいた方がいいと思います。

 

「アタチは人に迷惑かけないと思うけど。」

 

私にもしもの時があったら、ハナさんは長女にお願いすることになると思います。

長女は動物好きです。

長女の旦那様のご実家も猫複数と暮らしていらっしゃる猫好き家族です。なので、旦那様も猫好きなのです。

 

あ、長女が現在住んでいるマンションは、ペット禁止でした。

 

長男夫婦は現在猫さんと暮らしています。ペルシャ猫のR(アール)君です。

お嫁さんのご実家も猫さんと暮らしています。

猫好きには、猫好きが自然と引き寄せられて、親族になるのでしょうか?(笑)

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな暮らしへ
にほんブログ村

 

猫さんは、日光浴本当に好きですね。

朝の陽射しは幸せホルモンのセロトニンの分泌が促進されるね。

 

「起床直後15~30分くらいに日光浴すると効果的らしいわ。」