暮らしと勉強、猫と一緒に~Bettyのブログ

実家の母を介護するために北海道から引っ越してきました。その介護も終わり、片づけと大学通信教育部の勉強と猫と。そんな雑記ブログです。当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。

映画『からかい上手の高木さん』

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな暮らしへ
にほんブログ村

深夜ドラマの『からかい上手の高木さん』を見ていました。

小豆島の中学生の淡い初恋のお話。

その10年後の再会の物語が映画になりました。

永野芽郁さん、高橋文哉さんによる映画『からかい上手の高木さん

この先、ネタバレはありません。

 

 

 
私はそれほど熱心にドラマを見ていたわけではないのです。
妹はこのドラマの大ファンで、「映画見に行こうよ!」と誘ってきたわけです。
そのうちネット配信になるだろうから、わざわざ映画館に見に行かなくてもいいのではないか?…とも思ったのですが。
せっかく誘ってくれたし、映画館に行くのは久しぶりだし、まぁ行くかという気持ちでした。
 
ネットでの映画レビューをのぞいてみると、あまり芳しくなかった💦
原作ファンの方、ドラマファンの方にとっては、オリジナルストーリーである映画は受け入れられなかったのかもしれない。
中学生だからこその初々しさがよかったドラマに比べると、確かに10年後の25歳の主人公2人に戸惑うかもしれない。
ドラマ中学生バージョンの高木さん役月島琉衣さんは、まだドラマ出演経験が少なく、ちょっとぎこちない。
しかし、そのぎこちなさのおかげで、西片をからかっても嫌味がない。
映画の高木さん役永野芽郁さんは演技達者すぎて、西片をからかう姿が「性悪女」に見えてしまう。
そして西片は、10年たってもあまり成長していなくてがっかり…というレビューが多かった。
高木さんは「西片、ちっとも変わってない!」と喜んでいたんですけどね(笑)
 
映画前半はそんな気持ちで見ていた私なんですが、結局映画の流れにすっかり魅了され、終盤は涙しました。
隣りの席の若い女の子たちもすすり泣きをしていました。
良いラストでした。
 
なのに、あんなにドラマファンで映画を楽しみにしていた妹は、映画が終わった瞬間「途中眠気と戦っていたわ。こんな駄作に付き合ってくれてありがとう。」と言い放ちました(^^;
妹は映画に期待した分、がっかりしたようです。
私は事前にレビューを見ていたおかげで、期待ゼロで鑑賞したので、想像以上の出来栄えを楽しめたわけです。
 
映画『からかい上手の高木さん』、好みはそれぞれですね。
観客はほとんどが若い女性。
私たち姉妹と同じくらいの年齢の夫婦が一組。
独りで来ていた若い男の子もいました。←原作漫画のファンかな?
 
映画もドラマも監督は今泉力哉さん。
今泉力哉監督のウエブドラマ『1122いいふうふ』を今Amazonプライムで見ています。
その話はいずれまた。
 
映画の帰りに夕飯を食べてきました。
私は鶏と彩り野菜の黒酢炒め⤵

 

妹は鶏のマヨ明太焼きに、生ビールもつけてました🍺