暮らしと勉強、猫も介護も~Bettyのブログ

実家の母を介護するために北海道から引っ越してきました。片づけと大学通信教育部の勉強と猫と介護と。雑記ブログです。

捨て活中に、思い出に浸る…って捨て活アルアルだよね?

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな暮らしへ
にほんブログ村

今「捨て活」に励んでいます。

とくに山のようにある書類(紙類)の捨て活は、ここ数年ずっと私の課題でした。

 

まず母の元へきた「年賀状」数年分、いや20年分くらい?を廃棄します。

枚数は多くありませんが、書類捨て活の第一歩です。

しかし、母への年賀状の中に、当時北海道から私が母へ送った年賀状などがあり、それを見て思い出にひたりました。

f:id:Betty0918:20210731085213p:plain

2000年の年賀状、北海道に住んでいた私から両親へ宛てたものです。

長男と二女と長女が並んで映っています。

わざわざ着物まで着せて(笑)

長男は、剣道着。

二女は、友人から回ってきた着物。

長女は、私が七五三に着た着物を着ています。

 

長女が着ていた私のおさがりの着物は、4年前に北海道から引っ越してくる時にリサイクルショップに持っていきました。

当時のブログに画像が残っています。

f:id:Betty0918:20210731085637j:plain

 

長襦袢と帯もその時に処分しました。

f:id:Betty0918:20210731085719j:plain

f:id:Betty0918:20210731085736j:plain

 

その他もろもろも含めて、120円で引き取ってもらえたとブログに記されています。

ブログって、備忘録ですから、便利ですね。

 

妹が母へ宛てた年賀状も残っており、ちょうど遊びに来た妹と歴代の年賀状を眺めて、感慨にふけった時間になりました。

こうして古い年賀状を処分したものの、思い出の年賀状数枚は残しておくことにしました。わざわざ100均でハガキホルダーまで購入してきて、整理しました。

 

というわけで、捨て活が進まない😓

 

 

 

 

 

年賀状以上に場所をとる大量の写真の処分も課題です。

子供たちの写真は今のところまだ処分対象ではありませんが、私の学生時代の写真とか絶対に見たくないし、見られたくもない(笑)

しかし、まもなく95歳になろうという母が、自分の20代の写真を眺めて嬉しそうに思い出話をしている様子を見ると、老後のためにとっておこうかとも思うのです。

そう、「回想療法」です。

 

■回想療法■
認知症高齢者と思い出を語り合うことで感情が溢れ出る。その思いが脳の刺激になります。その時の大切な小道具が写真です。