暮らしと勉強 Bettyのブログ

実家の母を介護するために北海道から引っ越してきました。実家の片づけと空いた時間の勉強をメインに綴っていきます。

歴史

100年前につくられた振袖

一昨日、結婚記念の写真を長男夫妻がホテルニューオータニの日本庭園で撮りました。 その時にお嫁さんが着た振袖は、お嫁さんのお母様のお祖母様が愛用していたものでした。 作ったのはおそらく100年前であろうということです。 先月の「天皇陛下御即位を…

すごいぞ、80代男子のお独り様生活!

妹の義父(妹の旦那様のお父さん)は、奥さま(妹の旦那様のお母さん)の急死をきっかけに独り暮らしになりました。 www.betty0918.biz しばらくは義弟が一緒に暮らし、「もしかしたら、このまま男ふたり(80代父と50代息子)で暮らしていくことになるか…

明智光秀が生きた「織豊政権」

来年の大河ドラマ「麒麟がくる」初回は1月19日ということで、2週間延期になったことになります。 帰蝶の代役には川口春奈さんが起用されることになりました。 これによって撮影や編集などのスケジュールが大幅に変更されたのですから、無理もないですね…

「麒麟がくる」の麒麟はキリンじゃないよ・・・というお話

王が仁のある政治を行う時に必ず現れるという聖なる獣、麒麟。 応仁の乱後の荒廃した世を立て直し、民を飢えや戦乱の苦しみから解放してくれるのは、誰なのか・・・ そして、麒麟はいつ、来るのか? 引用:NHK公式サイト 来年のNHK大河ドラマ「麒麟が…

聖武天皇が作った大仏

暖かな良いお天気の1日でした。 紅葉がきれいです。 本日も当ブログにお越しいただきありがとうございます。 今日は一昨日の孝謙天皇のお父さん、聖武天皇のお話です。 www.betty0918.biz 聖武天皇が神亀元(724年)年2月に即位し、文武→元明→元正→聖武…

八幡神とは何か

朝は雨降りでしたが、日中は良いお天気となりました。 大学で「八幡神」についての講義がありましたので、富岡八幡宮まで出かけてきました。 ビスコとお饅頭と飲み物を持って。 目次 石清水八幡宮 富岡八幡宮 宇佐八幡宮(現在は宇佐神宮と称す) 乱平定の神…

孝謙天皇という女帝

昨日から大学の秋期スクーリングが始まりました。 日程は4日間。 3か月ぶりのスクーリング。 街中には天皇即位のお祝いムードがまだまだ溢れ出てますよ。 天皇陛下も雅子皇后もそれはそれは良い笑顔で美しかった。 とくに雅子皇后の笑顔が私は嬉しかったで…

NHK大河ドラマ『いだてん』、泣けました~

あいかわらず視聴率低迷の『いだてん』です。 もう脱落した視聴者の方も多いかと思います。 でも。 私は観続けています。 「今日のは面白くない。」 「今日はわりと良かったかな。」・・・そんな繰り返しでここまできたのですが。(ワタクシ個人の感想です)…

昭和36年の『いだてん』でカップ麺食べてた!

お天気は良い1日でした。 でも風は秋。 少し肌寒ささえ感じました。 本日も当ブログにお越しいただきありがとうございます。 視聴率低迷のNHK大河ドラマ『いだてん』 面白くない回もある。 でも面白い回もある。 総評はいろいろあるでしょうが、私は「面白…

1600年9月15日関ケ原の合戦

今から419年前の今日「関ケ原の合戦」という戦いがありました。 美濃国不破郡関ケ原を主戦場として行われた野戦。 私が小学生の頃は「関ケ原の合戦」といえば「豊臣VS徳川」のイメージで習いました。 でも違います。 天下分け目の戦いである「関ケ原の合…

第34回「いだてん」より二・二六事件

「いだてん」を今日の再放送で観ました。 第34回の「いだてん~東京オリムピック噺~」は「226」 そう。昭和11年の二・二六事件です。 www.betty0918.biz 今日は二・ニ六事件について少し述べさせてください。 目次 「いだてん」の中の二・二六事件 …

8月15日夕方、大雨が降った

昭和16年12月1日。 御前会議が行われ、結論が出ました。 十一月五日決定ノ「帝國國策遂行要領」ニ基ク對米交渉ハ遂ニ成立スルニ至ラス 帝國ハ米英蘭ニ對シ開戦ス 9月6日の御前会議以降、ずっと結論を先延ばしにしていましたが、とうとう決定になった…

『いだてん』からもっと近現代史を学びたいと思うのは私だけ?

昨日の『なつぞら』に続いて今日は宮藤官九郎さん脚本の大河ドラマ『いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~』の話題です。 第30回「黄金狂時代」。時は1932年。「ロサンゼルスオリンピック」です。 嘉納治五郎(役所広司氏)は、IOC総会で五輪招致の…

「いだてん」から学ぶ五・一五事件と二・二六事件

大河ドラマ「いだてん」視聴率低迷しているようですが、私はなんとなく観続けています。 第28話のなかで五・一五事件が扱われていました。 明治がいつの間にか終わり、関東大震災の描写はあったものの、あっという間に昭和になり、政治的な物語はほとんど…

北斎展[HOKUSAI]行ってきました~

北海道に梅雨はない。 梅雨のない北海道以外、全国すべて梅雨明けをしました。 今日も暑い1日でした。 朝、お化粧しても、ゴミ庫まで行っただけで、汗でお化粧とれてしまいました お化粧して、長女のお洒落なパンツを借りて、出かけて行ったのは横浜そごう…

永遠のニシパ 北海道と名付けた男 松浦武四郎

北海道ですでに6月に放送され、全国ネットで放送されるのを楽しみにしていました。 NHKドラマ『永遠のニシパ 北海道と名付けた男 松浦武四郎』 ネタバレありです。ご注意ください。 北海道にいる主人や友人たちはすでに観ており、感想を聞いていました。 「…

信長より20年早く生まれていた武将~三好長慶

天下統一を試みた武将というと誰を思い浮かべますか? 織田信長? www.betty0918.biz 織田信長よりもう少し前の権力者なら、今川義元? 今川義元は1519年生まれ。 三好長慶という武将は今川義元より少し後に生まれました。 1522年(大永2年)2月1…

「百下鳥、古市古墳群」世界遺産に決定!

昨日の考古学の授業中にニュースが飛び込んできました。 「百下鳥、古市古墳群」世界遺産に決定!陵墓で初!!! アゼルバイジャンの首都、バクーで開催中の国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界遺産委員会は、6日、世界最大級の墳墓である「仁徳天皇陵…

『真田丸』の続編が観たい

今日も雨。 窓を開けたら、空気清浄機が危険信号の赤ランプになりました。 臭いマークも点いてる 湿度は相変わらず高い。 朝は70%超えでした。 土日はスクーリングで、1日中出かけており、みなさまのブログを訪問することもできませんでした。 今日は雨…

おばさんが受講する大学通信スクーリング

本日も先週に続き、大学のスクーリングです。 家にたどり着いたのは、真っ暗夜8時頃。 それから母のご飯を慌てて買いに行って、ジムにお風呂だけ入りに行って、それからご飯食べて、今10時。 くたくた~ でも勉強は楽しい。 大学の講義なのに、まるで小学…

日本史の時期区分・時代区分

今日は3か月ぶり、いえ4か月ぶりのスクーリングでした。 予習らしい予習を全くやらずに、講義に挑みました。 事前に講談社の「日本の歴史」、全巻でなくても良いので興味のある時代を購入するか図書館で借りてくるようにと指示がありましたので、Amazonで…

「なつぞら」川村屋のモデル『中村屋』の創業者相馬黒光という女性

NHK朝ドラ「なつぞら」に出てくる「川村屋」。 こちらのスイーツあり、インドカリーありのお店は、新宿「中村屋」がモデルかと思われます。 今日のドラマの「川村屋」には、創業者であるマダムのお祖母さまの肖像画が飾られていました。 「中村屋」の創業者…

鎌倉に流れ着いた0歳児のシロナガスクジラ

昨日、二女夫婦と二女の旦那様のお母様と4人で「大哺乳類展」に行ってきました。 考古学の勉強になれば・・・と思って、少し期待していましたが、考古学の勉強にはほとんど関係ない内容でした。 でも面白かったです。 子供連れファミリーがたくさんいました…

弥生時代に三角おにぎりが存在していた~チコちゃんに叱られる

昨日のブログで、弥生時代について記事にさせていただきましたが、更新後すぐに始まったNHK「チコちゃんに叱られる」で弥生時代について触れていました。 弥生時代について触れたコーナーは 「なぜおにぎりは三角なのか」 という疑問について。 おにぎりの話…

土偶からみる縄文時代と弥生時代

令和になって早10日が過ぎました。 私の身辺は全く変わりなく、つつがなく暮らしております。 平成はある日突然始まった。 令和は周到な準備の元、日本中の期待と喜びの中、お祭りのような形で始まった。 元号が変わるというのは、ある日付をもって変わる…

「なつぞら」に出てくる「雪月」のモデルの老舗和菓子店は?

近所のスーパーで六花亭のお菓子を売っていました。 母の日限定バージョンです。 クッキーの積み合わせ。 「雪やこんこ」大好きです。 母の日の特別パッケージになっていますね。 北海道には、詰め合わせのお菓子ギフトがよくあります。 六花亭では、詰め合…

織田信長が作ったハーブ園

ベビーリーフ千葉産58円!(税抜き) 安い!イキもいい! ちょうどいただいたキヌサヤがあったので、それもいれてサラダにしました。 私はハーブが大好きですが、ハーブ園をはるか500年近く昔に織田信長が作っていたというと驚きでしょうか。 織田信長…

『婉という女』読みました~ネタバレありまくり

いつも当ブログに訪問してくださっている 貯め代 (id:tameyo)さんから、お奨めいただき読んでみました。 婉という女 (新潮文庫 草 129A) 作者: 大原富枝 出版社/メーカー: 新潮社 発売日: 1963/01 メディア: 文庫 この商品を含むブログ (1件) を見る それほ…

「拓北農兵隊」の歴史を「なつぞら」から知りました

今日のNHK朝ドラ「なつぞら」で、「拓北農兵隊」に触れていました。 主人公「なつ」の同級生の山田君一家が「拓北農兵隊」なのです。 山田君のお父さん役は札幌市出身の戸次重幸さん。お母さん役は小林綾子さん。小林綾子さんは7:15からのBSNHK「おしん…

江の島ドライブ

湘南在住友人Aちゃんの運転で、江の島まで、ドライブに行ってきました。 来年には、ここでオリンピック競技も行われます。 わくわくします。 江の島の「弁天仲見世通り」は平日だというのに、外国人も日本人も大変な人混みです。 上り坂の商店街の上には、神…