暮らしと勉強、猫も介護も~Bettyのブログ

実家の母を介護するために北海道から引っ越してきました。片づけと大学通信教育部の勉強と猫と介護と。雑記ブログです。

フィンランド人はなぜ午後4時に仕事が終わるのか

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな暮らしへ
にほんブログ村

f:id:Betty0918:20210828234250j:plain

フィンランド大使館で働いていらっしゃる堀内都善子さんの著書『フィンランド人はなぜ午後4時に仕事が終わるのか』についての紹介です。
 
 
 
フィンランドといえば、2019年幸福度ランキングで1位になった国です。
マイナス20℃を下回ることもある冬。日照時間が1日3時間という日もある。
気候的に決して恵まれているとはいえないけど、そこで暮らす人たちの幸福度は高いという。
 
家族を大事にし、なおかつ趣味を楽しむために、仕事は午後4時で終了する。夏休みはたっぷり4週間とるのが当たり前。
 
本が執筆されたのは、コロナ禍の前ですが、当時から『必ずしも会うことを重視しない』という仕事のやり方は、今の現状に多いに参考になると思いました。
 
仕事を効率よくすすめるために、必要のない会議はしないし、要件は電話やメールで済ます。
挨拶のための顔合わせは、最低限にする。

f:id:Betty0918:20210828234554j:plain

 
仕事のやり方は、本を読む前から想像していたとおりです。
興味深いのはシンプルな生活スタイルです。
 
フィンランドといえば、マリメッコのようなおしゃれなブランドが有名ですが、多くのフィンランド人たちは必要最低限の家具と機能性重視の服で過ごします。
そして、一品料理やパンのみの簡単な食事。
頑張りすぎないゆるい生活から得られる時間と余裕で余暇を楽しむことができるのです。
 
私が最も感銘を受けたのは、何歳になっても学ぶという姿勢です。
専門性や高度なスキルを育てるための教育や研修の制度。
転職のために大学に入りなおす40代。
 
これは社会保障が整っている国でないと実現は難しいのですが、フィンランドの現状として失業率の高さも影響しているのだと問題提起もされています。
 
 
失業率、少子高齢化、世界一幸福度が高いと言われているフィンランドも課題とは無縁ではないのです。