暮らしと勉強 Bettyのブログ

実家の母を介護するために北海道から引っ越してきました。実家の片づけと空いた時間の勉強をメインに綴っていきます。

『いだてん』からもっと近現代史を学びたいと思うのは私だけ?

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな暮らしへ
にほんブログ村

昨日の『なつぞら』に続いて今日は宮藤官九郎さん脚本の大河ドラマ『いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~』の話題です。

第30回「黄金狂時代」。時は1932年。「ロサンゼルスオリンピック」です。

嘉納治五郎役所広司氏)は、IOC総会で五輪招致の立候補を表明する。しかし、9都市がエントリー済みという絶望的な状況。1940年オリンピック東京への招致に、ムッソリーニヒトラーという2人の独裁者の思惑が影響する。

あ~、オリンピックの話もいいけど、もっと歴史を見たい!

そう!イタリアのムッソリーニとドイツのヒトラー

この数年後。

昭和15年9月に日本とムッソリーニ率いるイタリアヒトラー率いるドイツ三国同盟を結ぶのです。

虚妄の三国同盟――発掘・日米開戦前夜外交秘史

虚妄の三国同盟――発掘・日米開戦前夜外交秘史

 

世界では「ムッソリーニヒトラー裕仁」を三大悪人などと称することがあります。

なぜ開戦当時の総理大臣東條英機ではなく昭和天皇

たとえば大統領制アメリカなどは、日本の「天皇」という位置づけがよくわかっていないのかもしれません。

昭和天皇は日独伊三国同盟に反対の意向を示していたものの、阻止することはできなかった。

そしてこの三国同盟は、日米関係の悪化を促進させ、破局への道を進んでいくことになるのです。

 

私の母は大正15年寅年生まれ。

この世界の片隅に』の主人公すずさんが丑年生まれですから、ひとつ違いです。

少女から青春時代を戦争と戦後に投じた世代です。

 

私がある時「三度のメシより〇〇が好きなのよね~」と軽い気持ちで言ったら、母がポツンと言った。

「それはアンタが三度のメシに困ったことがないからよ。」

私はそれ以来その言葉を言うのをやめました。

f:id:Betty0918:20190811190802j:plain

母は戦争に関する番組を見るのが大嫌い。

でもこの時期、そういった番組がすごく多いし、見なくてはならないと思うのですよね、私は。