暮らしと勉強 Bettyのブログ

実家の母を介護するために北海道から引っ越してきました。実家の片づけと空いた時間の勉強をメインに綴っていきます。

保元の乱~武士が世に出てくるのにはイイコロ=1156年

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな暮らしへ
にほんブログ村

平安時代も終盤になってくる院政期、内乱が頻繁に起こるようになります。

そう、貴族たちには任せておけない!

武士が表舞台で活躍が目立つようになってきました。

 

保元の乱

久寿2(1155)年、近衛天皇が17歳で急死し、後白河天皇が即位します。

後白河天皇鳥羽上皇の息子で、崇徳上皇の弟です。

でももしかしたら、崇徳上皇鳥羽上皇の息子ではなく、鳥羽上皇のお祖父ちゃんである白河法皇と待賢門院(たいけんもんいん)との不義の子であったと噂されています。

白河院ったら、自分の愛人である待賢門院(藤原 璋子 ふじわらしょうし/たまこ)を孫の鳥羽上皇の妻にしちゃったのですよ。←またドロドロ不倫ネタです。

 

崇徳上皇鳥羽上皇の子ではなかったというのは、真実なのかどうかはわかりません。でも少なくとも鳥羽上皇は自分の子ではないと確信していました。

近衛天皇は美福門院との子ですが、後白河天皇は、崇徳上皇と同じ待賢門院の子です。

けれでも鳥羽上皇後白河天皇は自分の息子だという確信があったのですね。顔が自分に似てたんでしょうか?

鳥羽上皇崇徳上皇に冷たくあたります。そのせいで後白河天皇崇徳上皇の関係は複雑でした。

 

保元元(1156)年、鳥羽上皇崩御すると、後白河天皇崇徳上皇の争いは表面化します。

崇徳上皇左大臣藤原頼長天皇への謀反の疑いをかけられます。

こうして崇徳上皇藤原頼長らと共に挙兵せざるをえない状況に追い込まれていくのです。

これが保元の乱です。

 

崇徳上皇方は善戦するも敗北します。

崇徳上皇は讃岐に流刑され、8年後に死亡。ここでまた崇徳上皇の祟りが噂されます。「日本三大怨霊」のひとつですね。

藤原頼長は傷を負い、父(忠実)に助けを請うも拒否られ、その傷が元で亡くなってしまいます。藤原家の摂関政治が崩れていきます。

 

この保元の乱は、後白河法皇崇徳上皇の兄と弟を勝者と敗者に分けますが、引き裂かれたのはこの親族だけではないのです。

後白河法皇についたか、崇徳上皇についたかで、親族の明暗が分かれます。

 

保元の乱の結果ここ大事

 

勝者        敗者

後白河(弟)  × 崇徳上皇(兄)

藤原忠通(兄) × 藤原頼長(弟)

平清盛(甥)  × 平忠正(叔父)

源義朝(子)  × 源為義(父)

 

はい、平氏だの源氏だの武士が出てきます。

この保元の乱は武士が政治に手を出す口を出すきっかけになった戦いです。

武士の力が表舞台に躍り出たのです!

 

保元物語 現代語訳付き (角川ソフィア文庫)

保元物語 現代語訳付き (角川ソフィア文庫)

 

 「保元物語」は全三巻。保元の乱を題材にした軍記物語です。

 

平治の乱

保元の乱の3年後、平治元(1159)年にまた内乱が起こり、これまた平氏と源氏が中心となります。

藤原信西藤原信頼が対立するのです。

藤原信西は信頼の夜襲から逃げきれずに自害します。

でも平清盛が大活躍して、信頼を追討。藤原信頼は斬首、信頼についていた源義朝は謀殺、義平は斬首、そして源頼朝は伊豆へ配流となります。

わずか13歳の源頼朝は、池禅尼に助けられたのですよね。

優しい池禅尼の命乞いを清盛は断れませんでした。

でもその20数年後、その源頼朝平氏は滅ぼされるのですよ~💦

 

さぁ、To be continued!

 

平治物語 現代語訳付き (角川ソフィア文庫)

平治物語 現代語訳付き (角川ソフィア文庫)

 

 「平治物語」全三巻。保元の乱以後、内在していた平清盛源義朝の対立、信西藤原信頼の不仲が原因で引き起こされた平治の乱の経緯を語る軍記物語。

 

 

f:id:Betty0918:20190209230900j:plain

雪予報でドキドキしていましたが、交通の乱れはほとんどなく、無事に大学に到着できました。

明日も降るのかな?

試験なんですけどぉ・・・ブログうってる場合かよ😅

f:id:Betty0918:20190209231237j:plain