暮らしと勉強 Bettyのブログ

実家の母を介護するために北海道から引っ越してきました。片づけと大学通信教育部の勉強と猫と介護と。雑記ブログです。

荒川で捕獲された鹿さん、千葉の動物園に

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな暮らしへ
にほんブログ村

東京都の荒川区の河川敷で迷子になっていた鹿さんの身の振り方が決まったようですね。

千葉県市原市の「市原ぞうの国」に引き取られることになったそうです。

テレビで見る限りでは、鹿さん捕獲されてからというもの、興奮したり暴れたりすることは全くなく、模範生のようにおとなしく愛くるしい顔でお行儀よくしている様子。

病気や寄生虫の確認をして、いつの日か一般公開される日がくるでしょう。

「2020年、コロナ禍の中、山から舞い降りてきた天使」とでも看板掲げて、お客さんを和ませてほしいです。

いつの日か見に行きたい。

 

北海道では、札幌であっても、鹿が河川敷を歩いていたり、学校の校庭に迷い込んだりということがあります。

街中をキタキツネが歩き回っていたりすることもあるくらいですから。

郊外の森林にはエゾリスが走り回っているし。

こういった話を母や妹にすると「さすが北海道ね。」と、軽蔑したような、田舎をバカにするような目で見られるので、嫌な気持ちになるのですが、ついつい北海道自慢をしてしまって、それが自慢ではなく馬鹿にされる結果になる地雷を踏んでしまう私です。

 

ハクビシンだのアライグマだの台湾リスだの、舶来種が都会にはびこるのと違って、ずっと昔、蝦夷と呼ばれていた時代から人間と共存していた動物に敬意を表したいと思うのです、私は。

野生動物の被害に辟易している農家の方がこの話でお気を悪くされたらごめんなさい。

 

「アタチも影ながら・・・」

f:id:Betty0918:20200608183618j:plain

 

「鹿さんの将来を・・・」

f:id:Betty0918:20200608183705j:plain

 

「案じておりましたわ。」

f:id:Betty0918:20200608183840j:plain

 

 

北海道の動物たち 人と野生の距離

北海道の動物たち 人と野生の距離

  • 作者:千嶋 淳
  • 発売日: 2014/10/24
  • メディア: 単行本
 
北海道の動物たちはこうして生きている

北海道の動物たちはこうして生きている

 
モーリー55号 植物と動物の深い絆 生物の相互作用

モーリー55号 植物と動物の深い絆 生物の相互作用

  • 発売日: 2020/06/13
  • メディア: 大型本