暮らしと勉強 Bettyのブログ

実家の母を介護するために北海道から引っ越してきました。片づけと大学通信教育部の勉強と猫と介護と。雑記ブログです。

久しぶりのディケアサービス

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな暮らしへ
にほんブログ村

昨日は3年に1度のマンションの管理棟の受電及び電気設備の法定検査(停電検査)が実施されました。

各住居は停電しませんが、共有部分の照明、自動ドア、管理棟へのインターホンなどが利用できません。

そして何より、管理棟の給水ポンプ停止に伴い、各住居においても断水するのです。

12時~13時のわずか1時間ですが、水が使えないのは困ります。

トイレが流せなかったら、母が困ります。私は近所の大型スーパーのトイレへ行けばいい(;'∀')

もちろんお風呂に水を貯めておけばいいのですが、ちょうどよい機会なので、久しぶりに母を1日だけディケアサービスに行かせることにしました。

 

母は「変な病気(コロナのこと)が流行ってるから、私はもう出かけたくない。」と言ってディケアサービスを1月からお休みしています。

 

思えば、私が同居を始めた2017年7月は1週間に2回ディに行っていました。

それを8月からは週3回にしました。

そのペースで2年以上、2019年12月まで、ずっと1週間に3回ディに通っていたのです。

 

しかし母が転倒して腰を痛めたのが2020年1月。

www.betty0918.biz

 一時はトイレと食事以外は寝たきり状態でした。

もちろんディケアサービスもお休みです。

しかし回復は早く、3月にはディケアサービスも復活できるかなという状態に戻りました。

ただ残念ながら、母が治っても、世間はコロナの渦中にあり、施設そのものが「よほどの事情がある方のみ短時間で」というディケアサービスの規制になったのです。

母はその後も自宅でずっと過ごし、ディケアサービスはお休みしていましたが、7月からは週に1回だけディケアサービスを復帰させました。

なのにまた1月から現在に至るまで「コロナが怖いから」という母の希望でディケアサービスはお休み中です。

 

「運動不足が心配ねぇ」…オマエもな!

f:id:Betty0918:20210319204322j:plain

 

マンションの停電を理由に、母を1日ディケアサービスにお願いしましたが、母がいない6時間ちょっと私は幸せでした~(笑)

思えば、ずっと週3回もディケアサービスに通わせていた2年半、私はどんだけ幸せだったのでしょう!

その感覚をすっかり忘れていました。

いつのまにか、母が1日中家にいる日常に慣れてしまっていたのです。

 

「それは良いこと?悪いこと?」さぁ、どっちでしょうねぇ。

f:id:Betty0918:20210319204727j:plain

 

一時はなんとか週4回ディケアサービスに通わせようとまで考えていたのですが、いつのまにかそんな野望も忘れていました。

hiro-beans-attack-no1.hatenablog.com

 

ケアマネージャーさんから「そろそろ週に1回でもディケアサービスに復帰しませんか。」と言われています。

来月からは週に1回ディケアサービスをお願いしようと思います。

家だと寝てばかりいる母の運動不足は心配ですし、家族以外の人とおしゃべりすることも大切です。

 

ディケアサービスの復帰にあわせて、母もワクチン接種できるといいな。

無理でしょうね。

いくら母が94歳で高齢だといっても、施設に入所している方が優先でしょうから。

 

 

ジム友さんのお母様はまもなく90歳なのに、スマホでLINEやZOOMも使いこなせるそうです。

親族でオンライン通話しているそうですよ。

おまけにひ孫より孫より娘より、健康だそうです(笑)

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな暮らしへ
にほんブログ村