暮らしと勉強 Bettyのブログ

実家の母を介護するために北海道から引っ越してきました。片づけと大学通信教育部の勉強と猫と介護と。雑記ブログです。

93歳の母が転倒しました

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな暮らしへ
にほんブログ村

一昨日より、私と母の関係はぎくしゃくしていました。
www.betty0918.biz

その母娘間の空気が澱んだまま、過ごしておりましたところ、昨日の夕方、母は乱れた掛け布団を自分でなおそうと、布団を引っ張っていたら、なんと転倒して、おもいきり尻もちをついてしまいました。

 

あちゃ・・。

 

私はその様子を一部始終見ていましたが、母は腰をひどく打ったようで、立ち上がれません。

なんとか布団に寝かしつけましたが、もう立ち上がる力はなさそうです。

母は「ベッドは嫌!」と言って完全布団派です。

以前、介護用のベッドをレンタルしたことがあったのですが、1日と寝てくれませんでした。

hiro-beans-attack-no1.hatenablog.com

それでも、最近はショートスティなどでベッドで寝る機会が増え、少しずつベッドにも慣れてきました。

腰を痛めた母は、私に促され、ベッドで寝てくれました。

トイレには私が車椅子で連れて行き、支えて便座へ移動することができました。

寝ている時は痛くない様子。

でも長時間車椅子に座っていると痛くなってくるようです。

 

ジム友さんに元看護師さんがいらして、その方にこの様子を話すと「たぶん、骨折はしてないね。骨折していたら、寝てても痛いと思う。打ち身だね。」とおっしゃる。

その言葉を信じたい気持ちで一晩を過ごしました。

 

今朝は、ケアマネージャーさんからの指示どおり、介護タクシーをお願いして、妹にも手伝ってもらい、妹と私ふたりが付き添って整形外科を受診しました。

介護タクシーは以前も使ったことがありますが、車椅子ごと乗れるのでとても便利です。

運転手さんは行きも帰りも私と同じくらいの年齢の女性の方でした。

hiro-beans-attack-no1.hatenablog.com

連休前の土曜日ですから、人気の整形外科は大変混んでいました。

車椅子に座っていた母は、しばらくすると「腰が痛い・・・」と辛そうになってきます。

看護師さんが「リハビリ用のベッドがあるので、こちらでお待ちください。」と言ってくださいました。

ありがたいです。

母をベッドに寝かせ、そのそばで私と妹が椅子に腰かけて順番を待ちました。

待ち時間2時間以上・・・。

私たちが受信後、会計を済ませたのは12時をとっくに回っていましたが、待合室にはまだ大勢の患者さんがいらっしゃいました。

先生も看護師さんもお昼ご飯を食べる暇もないと思います。

 

そうやって、受診した母の腰。

レントゲンを撮りましたが、やはり骨折はしていなかった。

5年前に同じように家の中で転倒し、腰を圧迫骨折して一時期要介護4になったことがあります。

でも今回は圧迫骨折もヒビが入った様子もなさそうとのことでした。

多少痛いだろうけど、なるべく動いてくださいとお医者様に言われました。

お医者様に言われると母はとても素直なのです。

とても優しい先生で、母に両手を差し出すと、母はなんと痛そうな顔をしながらもその手に掴まって、スクッと立ち上がったのです。

 

さっきまで「痛い痛い」と、私にしがみつかないと立てなかったのに!

外面が良く、カッコつけたがりの母は、身内以外の前では頑張ってしまうのです(笑)

 

私からお願いをして、痛み止めのお薬10日分と湿布がわりの塗り薬を処方してもらいました。

普通の湿布だと、母の皮膚がかぶれてしまうことがあるので。

あとはただ時間の経過を待って、痛みがなくなることを祈るのみ。

いや、祈ってばかりではだめだ。

ちゃんとリハビリがわりに歩かなくちゃ。

 

久しぶりの整形外科でしたが、看護師さんはちゃんと母のことを覚えていてくれました。

「お久しぶりですねぇ。いつも手編みのセーターを素敵に着こなしてらっしゃいましたよねぇ。」

f:id:Betty0918:20200111163542j:plain

母の手編みのセーターたち ごくごく一部です

1年半前の夏に1度だけ足の付け根が痛くて受診したことはありますが、その前は転倒した5年前の冬にずっと通っていた整形外科。

よくぞ母のことを覚えていてくださいました。

ありがとうございます。

褒められて母はとても嬉しそうでした。

 

[Amazonブランド]SOLIMO 腰椎医学コルセット (腰用サポーター) 白 Mサイズ

[Amazonブランド]SOLIMO 腰椎医学コルセット (腰用サポーター) 白 Mサイズ

  • 発売日: 2019/06/25
  • メディア: ヘルスケア&ケア用品
 

 

妹の提案で、お医者さんでコルセットも用意してもらいました。

これでずいぶんと母は楽になったようです。

トイレに行く時もひとりで立ち上がり、歩いて行ったくらいです。

でも便座から立ち上がることがなかなかできず、やはり私が手伝いました。

長い待ち時間で疲れたのでしょう。

帰宅してから、遅いお昼ご飯にお寿司を少しだけ食べて、今はぐっすり眠っています。

昨日より、朝より、痛みが和らいでいる気がします。

骨折してなくて本当に良かった。

でもしばらくディケアサービスはお休みだな。

私もジム通いは自粛しよう。

でもZUMBAだけは行こう。

お風呂も毎日行こう。

自粛してることになるのか?(笑)

 

診療代は930円。

お薬代は270円。

レントゲンまで撮ってこのお値段。

コルセット代はどこに含まれているのか?3000円くらいしてると思うんだけど。

ありがたや、後期高齢者医療制度

税金はしっかりと払おう。

 

後期高齢者医療制度担当者ハンドブック 2019

後期高齢者医療制度担当者ハンドブック 2019

  • 作者: 
  • 出版社/メーカー: 株式会社社会保険出版社
  • 発売日: 2019/06/28
  • メディア: 単行本