暮らしと勉強 Bettyのブログ

実家の母を介護するために北海道から引っ越してきました。片づけと大学通信教育部の勉強と猫と介護と。雑記ブログです。

高齢の元バレエダンサーが踊る『白鳥の湖』

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな暮らしへ
にほんブログ村

togetterの記事で知った動画です。

アルツハイマー病になった元バレエダンサーの女性が『白鳥の湖』の曲を聴いて踊りだすのです。

 


Primera Bailarina - Ballet de Nueva York - Años 60 - Música para Despertar

 

この動画は2019年にスペインの非営利団体である「Música para Despertar」によって撮影され、今年10月30日に公開されました。

彼女は1960年代にニューヨーク・シティ・バレエ団のバレエダンサーとして活躍していました。

今は記憶を失い、車椅子で生活をしている彼女が、長いしなやかな手で白鳥を表現して踊る姿に涙が溢れました。

表情が素晴らしいのです。

 

きっと彼女は若い頃この演目を何度も練習し、身体に叩き込んだのでしょう。

記憶がなくても、身体が覚えていたのですね。

f:id:Betty0918:20201110120454j:plain

北海道胆振を流れる長流川(おさるがわ)の白鳥

 

私はバレエ好きの妹と一緒にたまにバレエの公演を観ます。

今年はコロナ禍のため、その機会はなかったけど。

f:id:Betty0918:20201110113034j:plain

2019年7月に観たマシュー・ボーンの『白鳥の湖

ダンスは、踊るのも観るのも好きです。

いつか私も年齢を重ねた時に、若い頃に身体で感じた音楽を思い出す時があるのかしら。

 

今放送しているNHK朝ドラ『エール』

昭和の作曲家古関裕而が主人公です。

94歳の母には、ドラマの内容はさっぱりわからないのですが、ドラマから懐かしい曲が流れると母は一緒に歌います。

「船頭可愛や」「暁に祈る」「長崎の鐘」などなど。

どの歌もしっかり歌詞を覚えていることに驚かされます。

 

これは音楽療法で、「回想法」の一種ですね。

元バレエダンサーの女性が「白鳥の湖」を聴いて踊るのは、「作業療法」であり「音楽療法」であり、「芸術療法」でもあります。

高齢者でなくても、私世代であっても、流行した歌とその頃の自分の立場とそれに対する感情を今も思い出すことができます。これらのすべてが懐かしいという感情を引き出し、あの頃に戻してくれるというわけです。

五感を刺激し、何かを思い出すことによって、別の感覚が出てくることが大切なんですね。

 

参考文献

 
 
この動画の女性が、今も幸せに穏やかに暮らしていることを願います。
「いい日、いい日、毎日、あったか介護ありがとう」
11月11日は「介護の日」です。
最後までお読みくださりありがとうございました。