暮らしと勉強 Bettyのブログ

実家の母を介護するために北海道から引っ越してきました。実家の片づけと空いた時間の勉強をメインに綴っていきます。

座布団の断捨離

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな暮らしへ
にほんブログ村

クローゼットの中をなんとかしなくてはいけません。
www.betty0918.biz

 

この座布団、私が高校時代の頃からあります。(それって何年前?)

f:id:Betty0918:20181028192825j:plain

この座布団がクローゼットの上段を占領しています。

f:id:Betty0918:20181021200340j:plain

母は、お客様がいらっしゃると、「ほら、座布団をお出しして。」と私に言いますが、この座布団洗ったことないし、お客様に出す勇気はありません(笑)

 

でもケチというか捨てられないというか、「座布団の綿を利用して、クッションを作ろうかな。」などと考えてしまう片づけ下手な私。

クッション、作りましたよ。

座布団をひとつ解体して。

 

f:id:Betty0918:20181028192900j:plain

 

クッションカバーもソファーもニトリの物。

2年半前、二女が独り暮らしをする時にこのソファーと一緒に購入しました。

二女が結婚する時にこのソファーと一緒にクッションカバーも引き受けました。

このカバーに合うサイズで、クッションを作り綿を詰めたのですが、座布団の綿が重い!

固い!

ふかふかのクッションにはならなかった😓

座布団の綿は、クッションには向かない。

お昼寝する時の枕にはなるかな(笑)

残った座布団はすべて断捨離します。

 

お客様がいらしても椅子にかけていただくし、座布団は必要ありません。

私が結婚する時に、実家から5つ、旦那の実家から5つ、合計10枚の座布団を用意してもらったのですが、1度も使ったことありませんでした。

実家からもらった座布団は、母の故郷である名古屋の有松絞りでできた素敵な柄ではあったのですが、座布団ケースに入ったまま使う機会はなし。

合計10枚の新品同様の座布団は、かれこれ15年ほど前に近所の公民館に(半ば無理やり)寄付しました。

 

さて、次は何を断捨離しようかな。

有松しぼり (伝統の染織工芸意匠集)

有松しぼり (伝統の染織工芸意匠集)