暮らしと勉強 Bettyのブログ

実家の母を介護するために北海道から引っ越してきました。片づけと大学通信教育部の勉強と猫と介護と。雑記ブログです。

パスコ大好きの母の記憶からパスコが消えた日

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな暮らしへ
にほんブログ村

夜もエアコンつけっぱなし。

25.5℃に設定しているのに。

f:id:Betty0918:20200822090256p:plain

実際の室温は28.2℃です。

 

 

朝食はトーストにしました。

母はいつも「私はパスコ以外の食パンは食べないの。」と言っています。

f:id:Betty0918:20200822090541j:plain

なので、他のパンが安売りしていても、必ずパスコの食パンを購入します。

名古屋で生まれ育った母は、パスコのパンの味が好きというより、地元の会社を応援したいのですね。「Pasco」というブランドは2003年から統一されて使用されている敷島製パンの商品です。

 

敷島製パン名古屋市に本社をおく老舗のパン製造会社。

山崎製パンに次ぐ国内製パン業界第2位のシェアを占めています。

 

 
最近は、パスコのこのお菓子も母のお気に入りになりました。

f:id:Betty0918:20200822091048j:plain

その名もずばり「生なごやん」(笑)
母が気に入るのも当然です。
 

f:id:Betty0918:20200822091208j:plain

茶饅頭の中身、あんこかと思いきや、実はクリームなんです。

f:id:Betty0918:20200822091312j:plain

このクリーム饅頭が最近の母のおやつになっています。
「おいしいよね、おかあさん。さすがパスコのお饅頭だね。」と言ったら、母はなんと「パスコってなんだっけ?聞いたことあるけど。」と言うではありませんか。
 
おかあさん、あんなに大好きなパスコを忘れちゃったの?
敷島製パンよ。」と教えると、「あぁ、敷島製パンね。」と納得しました。
 
認知症って、新しいことは覚えられなくても古いことは覚えているんですよね。
Pascoという新しいブランド名は忘れても、1920(大正9)年創業の敷島製パンという企業名はインプットされていた母の脳内。
それにしてもあんなに「パスコは美味しいわ」と口癖のように食べるたびに言ってたくせに、ある日突然その名が母の脳内から消えてしまっていたとは。
 
 
朝から暑いですが、明日からは和らぐとのこと。
今日1日を乗り越えましょう。