暮らしと勉強 Bettyのブログ

実家の母を介護するために北海道から引っ越してきました。実家の片づけと空いた時間の勉強をメインに綴っていきます。

『神様のカルテ0』を読んで榛名のこと好きになりました

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな暮らしへ
にほんブログ村

 

www.betty0918.biz

先日『新章 神様のカルテ』について自分勝手なレビューを述べさせていただきました。

その後、この『新章 神様のカルテ』よりもっと以前に発売されている『神様のカルテ0』を読みました。

 

神様のカルテ0 (小学館文庫)

神様のカルテ0 (小学館文庫)

 

こちらは短編集。

スピンオフです。

4作掲載されています。

主人公栗原一止の大学生時代の話有明

一止がまだ研修医にもなっていない時代の本庄病院の話「彼岸過ぎまで」

一止の本庄病院での研修医時代の話神様のカルテ

山岳写真家の榛名が遭難する話「冬山記」

この4編です。

 

私は先日のブログで榛名の描き方が好きではないと書きました。

でもこの短編集最後の話「冬山記」の榛名は実に素敵です。

まだ結婚する前の話なのですが、とてもかっこいいのですよ~。

そうか、榛名は夫の一止の目線で描くと「夫に都合のいい女」に見えてしまうんです。

でも榛名単独で描かれると、私の中で好感度がUPしました⤴

 

他の話も含めて、スピンオフの物語『神様のカルテ0』、本編より好きでした(笑)

 

作者の夏川草介氏はこんな本も書いてますが。

「猫」と題名にあると読みたいような気もします。

本を守ろうとする猫の話

本を守ろうとする猫の話

 

なんだか夏目漱石の「吾輩は猫である」を連想してしまいますが。

夏川草介という名前は、夏目漱石川端康成夏目漱石の「草枕」、芥川龍之介からつけたのです。

 

f:id:Betty0918:20190515202613j:plain

二女夫婦からの九州旅行のお土産です。

f:id:Betty0918:20190515202730j:plain

長崎カステラ「たまふわ」

 

f:id:Betty0918:20190515202837j:plain

母が気に入って、バックバク食べていました。