暮らしと勉強 Bettyのブログ

実家の母を介護するために北海道から引っ越してきました。片づけと大学通信教育部の勉強と猫と介護と。雑記ブログです。

何気ない言葉でもらった笑顔

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな暮らしへ
にほんブログ村

トイレットペーパーが買えました~😊

危ない、危ない。我が家はあと少ししかありませんでしたから。

いろいろなSNSで「トイレットペーパー山積み」「たくさん売ってる」などという情報を目にするのですが、ウチの近所ではまだまだ売り切れ状態でした。

なので、今朝は開店と同時に行ってみました。(昨日、一昨日は土日だったからかな?開店と同時に行っても店頭にトイレットペーパーはありませんでした。)

f:id:Betty0918:20200323130324p:plain

 

トイレットペーパーは十分という数ではありませんでしたが、人だかりで取り合い・・・などということもなく、「どの種類にしようかな。」と迷う余裕がありました。

でもレジはかなり並んでいました。

みんなトイレットペーパーを持っています。

掲示には「トイレットペーパーはお1家族1袋限り」となっていました。

 

今は店内にたくさんの掲示があります。

「店内では1日に〇時と〇時にアルコール消毒をおこなっています。」

「マスクの入荷予定は未定です。」

「アルコールの入荷予定は未定です。」

「除菌ウェットティッシュの入荷は未定です。」

「BOXティッシュペーパー(5箱入り)はお1家族1個限り」などなど・・・。

なので、掲示そのものが目立たないのです。

「トイレットペーパーはお1家族1袋限り」という掲示を見てないお客様も多いようです。

誰かがトイレットペーパーを2袋持ってレジに並んでいれば「自分も」という気持ちになるのでしょう。

 

レジのスタッフさんは「すみません。お1家族1袋限りなんです。」と何度も謝ってらっしゃいました。

お1人様1袋ではなく、お1家族1袋なんです。」と説明もしていました。

この件について文句を言っているお客様はなく、みんな納得していらっしゃる様子です。

でもスタッフさんも疲れるだろうなぁ。

 

私は母の尿漏れパットなども買い込み、会計をする時、スタッフさんに「トイレットペーパーは(袋に入れるのではなく)テープを貼ってもいいですか?」と聞かれました。

なので「はい、もちろんです。」と答えて、「買えるだけで本当にありがたいんですもの。」と続けて言いました。

すると、男性スタッフさんは「そう言ってもらえてすごく嬉しいです。」と、満面の笑みになりました。

そして丁寧に丁寧にお辞儀をして「ありがとうございます。」と言ってくださいました。

私こそ嬉しかった。

私の何気ない一言で、男性スタッフさんの素敵な笑顔を見ることができた。

 

おまけに。

「先着○○名様は1000円以上のレシートをサービスカウンターに持ってきていただけるとドーナツをプレゼントします。」という掲示がレジに貼ってあるのを見つけた!

わ~い。

サービスカウンターでドーナツもらえたよ。

f:id:Betty0918:20200323131341p:plain

この「ドーナツプレゼント」の掲示がこれまた目立たなかった(笑)

なにしろ店内が掲示だらけで、高齢の方は読む余裕がないんじゃないかなぁと思いました。

 

 

母がいつもお世話になっているお医者様、患者さんである88歳のおばあさんに言われたそうです。

「トイレットペーパー売ってないくらいで、ガタガタするんじゃないよ。毎日、いつ爆弾がぶちこまれるか、おびえてた日を思うと、こんなのどってことないよ。」

そりゃそうだね。