暮らしと勉強 Bettyのブログ

実家の母を介護するために北海道から引っ越してきました。実家の片づけと空いた時間の勉強をメインに綴っていきます。

昔々、車上荒らしにあいました

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな暮らしへ
にほんブログ村

今日、ウチのマンションのすぐ近くの道端にカードが落ちていました。

拾ってみると、私が通っているスポーツジムの会員証でした。

ジムは近所です。

私はまだジムに行く時間ではなかったのですが、失くされた方はきっとお困りでしょうから、早速届けてきました。

 

拾ったのがキャッシュカードじゃなくて良かった。

キャッシュカードを拾うと、ちょっと面倒です。

たとえば銀行内で拾ったなら、すぐに行員さんに届ければいいし、駅構内で拾ったなら、駅員さんに届ければすみます。

でも道端で拾ってしまったら、交番まで届けにいかなくてはなりません。

銀行の目の前の道であっても、基本、銀行ではなく交番に届けなければならないのです。

悪用された後のキャッシュカードだったりしたら、とても面倒です。

交番が近くになくても、拾った物を持ちかえるわけにはいかないので、交番まで行かなければなりません。

 

私が以前、通っていたスポーツジムのすぐ隣りが交番でした。

でもそのスポーツジムの駐車場では車上荒らしが頻繁にありました。

その交番、無人のことけっこうあったし(笑)

仕事帰りにジムに寄る人は、荷物が多くなるのが嫌で、通勤用のバッグを車に置いたまま、スポーツバッグだけを持ってジム内に入ることがよくあったのです。

なので、車に置いたままのバッグが狙われるわけです。

夜。

せっかく運動して、ゆっくりお風呂に入って、楽しんだ後に車上荒らしにあった自分の車を見ると茫然としてしまいますよね。

 

 

その昔。

私も車上荒らしにあったことがあります。

正確にいうと、私ではなく主人です。

 

時は昭和。

場所は北海道。

まだ結婚したばかりの頃でした。

f:id:Betty0918:20190406220627j:plain

主人は、会社の忘年会に参加しました。

その忘年会で、余興のくじ引きがあり、主人は見事に引き当てました。

何等賞なのかは知りませんが、瓶ビール1ケースが当たったのです。

重い瓶ビール。

当時は瓶ビールが主流でした。

1ケース24本。

その当たった瓶ビール24本を車にしまい、2次会へと主人は飲み歩きます。

車は会社の駐車場に置いたまま。

 

次の朝、出勤して一晩置きっぱなしだった自分の車を確認すると、車の鍵が壊されていました。

で、中にあった瓶ビールが盗まれていたのです。

犯人はふたり組だったようで、鍵は運転席と助手席の両方とも壊されていました。

瓶ビールが重かったのでしょう。

24本のうち6本ほどが残されていました。

ふたりの犯人は、それぞれ運転席から助手席からと鍵を壊し、重い瓶ビールを持てるだけかかえて逃げて行ったのですね。

 

・・・ビールはいいよ。

でも、運転席と助手席の鍵、両方の修理代がウン万円かかりました(´;ω;`)

 

ビール欲しかったなら、言ってくれればあげたのに!!!

鍵壊すなよ!!!

 

 若い頃の苦い思い出です。

今は、カメラもつけてるし、車そのものに防犯機能がついてますね。

でも間違ってセキュリティアラームが鳴ってしまったら、慌てる。

オロオロしてどうしていいかわからなくなってしまいそう。

 

今日の朝食。

f:id:Betty0918:20190406223423j:plain

母が朝はトーストかパンケーキだから、私も一緒に。

でもたまには朝の味噌汁飲みたいなぁ。