暮らしと勉強 Bettyのブログ

実家の母を介護するために北海道から引っ越してきました。実家の片づけと空いた時間の勉強をメインに綴っていきます。

読書三昧・・・してる場合じゃないんだけど(笑)

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな暮らしへ
にほんブログ村

私が北海道に行っている間、母は4泊5日でショートスティにお願いしていました。

すでに私は一昨日に帰宅しているので、母が不在の一昨日の夜と昨日の夜はのんびりと読書三昧していました。

長女から借りた東野圭吾。「危険なビーナス」

推理小説はあまり読まないのですが、主人公が獣医師なので面白かった。

本の帯に、あらすじというほどでもないけど、物語の概要が軽く記載されていますよね。

その概要、読みたくなかったのに、つい目に入り読んでしまった。面白さが少し軽減してしまった気がする😓

危険なビーナス (講談社文庫)

危険なビーナス (講談社文庫)

 

 

すぐに読み終えて、今はハマっている垣谷美雨さんの本を読んでいます。

「老後の資金がありません」

老後の資金がありません

老後の資金がありません

 

主人公の篤子は、私と同世代ですから、もう完全に感情移入してしまい、篤子と一緒にハラハラしたり、怒ったり、落ち込んだり、旦那にイライラしたり(笑)

主人公と同化して読んでいます。

もう少しで読み終わります。

 

昨日は、長男夫妻が結婚記念の写真をホテルニューオータニの日本庭園で撮るというので、ホテルで待ち合わせしたのですが、私は早めに着いていたので、ホテルのロビーのふかふかのソファーに腰かけて、この「老後の資金がありません」を読んでいました。

ホテルニューオータニですから、まわりは英語やスペイン語などが飛び交っており、中に入っているテナントは私なんぞは覗くのもはばかられるような高級なショップばかり。

そんな中で読む「老後の資金がありません」は、なんとも場違いな気がして、後から思い出すと笑ってしまいました。

でもほんと、共感できる!

 

老後の資金が困らないように、節約するには、もちろん日々の食費を1円でも2円でも切り詰めることは大事なのですが、健康に気をつけて、ギリギリまで施設のお世話にならないようにしたいなと思います。

ショートスティに行っていた母を迎えにいって、帰宅できるとわかるとにっこり笑顔になった母を見てもつくづく「自宅で暮らせるのは幸せだな」と思いました。

 

でもね。

f:id:Betty0918:20191204145338j:plain

母がショートスティしている間、確かに楽させてもらった。

これからもショートスティ利用していきたい。

たとえ北海道に行かない時であっても利用しちゃおうかな・・・と目論んでいる。

 

「老後の資金がありません」早く残りを読み終えてしまいたいのですが、実は大学のリポートの締切りがせまっています。

読書よりリポートが先ではないか?

でも読みたくてたまらないので、残りわずか、全部読んでから、心置きなくリポートに集中したいと思います。

 

え?

母が「お茶ほしい」って言ってる?

 

は~い。