暮らしと勉強 Bettyのブログ

実家の母を介護するために北海道から引っ越してきました。実家の片づけと空いた時間の勉強をメインに綴っていきます。

すごいぞ、80代男子のお独り様生活!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな暮らしへ
にほんブログ村

妹の義父(妹の旦那様のお父さん)は、奥さま(妹の旦那様のお母さん)の急死をきっかけに独り暮らしになりました。

www.betty0918.biz

しばらくは義弟が一緒に暮らし、「もしかしたら、このまま男ふたり(80代父と50代息子)で暮らしていくことになるかもなぁ。」と妹も覚悟していました。

 

亡くなったお義母さんは、働き者できれい好き。

自営業を手伝うかたわら、自分も幼稚園教諭として働き、家の中もいつもきれいにしていました。

亡くなった後、家の中を見て、妹はびっくりしました。

タンスの中はきれいに整理され、余分な物は何一つなかったのです。

葬儀代として用意してあった預金通帳。

すでにお墓は購入済み。

その永大供養も手配済み。

 

高齢者の捨てられない性格に困り果てている子供たちが多い中、お義母さんは十分に終活済みでした。

姑の遺品整理は、迷惑です

姑の遺品整理は、迷惑です

  • 作者:垣谷 美雨
  • 出版社/メーカー: 双葉社
  • 発売日: 2019/02/20
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

ただひとつ。

お義母さんのやり残したこと。

旦那の家事教育😓

そう、お義父さんは家の中のこと何もできません。

何がどこにあるのかもさっぱりわかりません。

九州男児、家事は一切やってこなかったのです。

妻を亡くし、悲観し、生まれ故郷の宮崎に帰りたい・・・と嘆く毎日でした。

 

あれから1か月。

 

お義父さんは頑張っています。

まず炊飯器でご飯を炊くことを覚えました。

T-fal電気ケトルを息子が購入してあげ、お湯を沸かすことを覚えました。

それでインスタント味噌汁を作ります。

あとはすぐ近所のスーパーでお惣菜を購入します。

80代とは思えないほど揚げ物好きなので、豚カツなどを買っているそうです(笑)

洗濯もできるようになり、独り暮らしできているのです!

やるな、80代男子!

車で30分ほどの町に住んでいる息子夫婦がちょくちょく寄っています。

また、妹夫婦も時々様子を見に行っています。

がんばれ、九州男児

 

千代田区清水谷公園にある大久保利通の碑。

大久保利通が暗殺された場所といわれています。

大久保利通薩摩藩士でした。

f:id:Betty0918:20191203192318j:plain

明治11年(1878年)5月14日。

大久保は麹町清水谷で不平士族らに襲われました。中心となったのは石川県士族島田一郎。「紀尾井坂の変」です。49歳。

内務卿の地位は伊藤博文に引き継がれ、「鹿鳴館時代」の到来を迎えます。

大久保以降、革命家と官僚政治家という、ふたつの顔をもった逸材は日本にどれだけいたでしょうか。

www.betty0918.biz

 

私の長男の奥様のご実家のルーツも九州らしく、福岡にお墓があるそうです。

結婚の報告に福岡に行ってきたそうで、お土産をいただきました。

f:id:Betty0918:20191203191932j:plain

ふくやの「めんたいおかき」と「ふくだし」です。

おかきは北海道の北菓楼のおかきの福岡バージョンみたいな感じです。

「ふくだし」はとらふぐからのだしパック。