暮らしと勉強 Bettyのブログ

実家の母を介護するために北海道から引っ越してきました。実家の片づけと空いた時間の勉強をメインに綴っていきます。

織田信長が作ったハーブ園

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな暮らしへ
にほんブログ村

 ベビーリーフ千葉産58円!(税抜き)

f:id:Betty0918:20190427165626j:plain

安い!イキもいい!

f:id:Betty0918:20190427165745j:plain

ちょうどいただいたキヌサヤがあったので、それもいれてサラダにしました。

f:id:Betty0918:20190427165844j:plain

 

私はハーブが大好きですが、ハーブ園をはるか500年近く昔に織田信長が作っていたというと驚きでしょうか。

 

織田信長は「美濃のマムシ」こと斎藤道三を攻め落とした後、岐阜城を本拠地として、天下統一を試みました。

鉄砲や楽市楽座など、いろいろと新しい物を取り入れた信長でしたが、健康に関する関心も高く、当時ヨーロッパで健康によいと流行していたハーブに興味をもちました。

1568年、ポルトガル宣教師に、薬草を栽培するための50町歩もの土地を(東京ドーム10個分)伊吹山に与えます。

 

伊吹山

五十町四方

切開キ樂園」 南蛮寺興廃記より

 

f:id:Betty0918:20190427170606j:plain

宣教師は3000種もの薬草を栽培します。

 

f:id:Betty0918:20190427170905j:plain

信長が「本能寺の変」で明智光秀に攻められた没した後、ハーブ園もなくなってしまいます。

今現在、ハーブ園が伊吹山のどこに存在していたのかは不明です。

f:id:Betty0918:20190427171130j:plain

けれどもその時にヨーロッパから移植されたハーブたちが、今なお伊吹山に息づいています。

f:id:Betty0918:20190427171313j:plain

 

キバナレンリンソウ、イブキノエンドウ、イブキカモジグサ。

これらヨーロッバ原産のハーブが自生しているのは、日本では伊吹山だけです。

500年の時を経て、信長の功績がこんなところにも残っている。

なんともロマンチックなお話ではありませんか。

ココロとカラダに効く ハーブ便利帳

ココロとカラダに効く ハーブ便利帳

 

 

以上、NHK-BS「偉人達の健康診断」からのお話でした。

5月2日㈭ AM8:00から再放送あります。