暮らしと勉強 Bettyのブログ

実家の母を介護するために北海道から引っ越してきました。実家の片づけと空いた時間の勉強をメインに綴っていきます。

『きのう何食べた?』からバナナパウンドケーキ~ネタバレ注意です

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな暮らしへ
にほんブログ村

また「きのう何食べた?」からレシピいただきました。

「バナナパウンドケーキ」です。

第7話で小日向さんへの御礼としてシロさんが作りました。

昨日の第11話でも田中美佐子さん演じる富永さん宅へ、玉ねぎの御礼として持って行ったみたいです。

ジルベールに「手土産をアルミホイルで包んで渡すなんておばさん丸出し」みたいに笑われていましたが、富永さん宅でもしっかりアルミホイルでくるんでありました(笑)磯村勇人さんのジルベールいいわあ。小日向さん役の山本耕史さんもいい。

 

「バナナパウンドケーキ」のレシピ。

ホットケーキミックスで作るので簡単です。

まずは材料から。

ホットケーキミックス 150g
砂糖 70g
Mサイズ2個
バター 100g
バナナ 小さめ2本

バナナは熟した物がいいのですが、我が家のバナナは一昨日買ったばかりで、まだ熟したという感じではありませんでした。

砂糖は70gで作りましたが、ホットケーキミックスに甘味があるしバナナも甘いので、もう少し少なくした方がよかったかなという私の感想です。

そして私は、ちょうどあったのでクルミも刻んで入れました。

レーズンも板チョコもあったけど、あまりなんでもかんでも入れるとちょっと濃いかなと思ったのでやめました。

f:id:Betty0918:20190622193612j:plain

 

バターは室温にもどしておき、バナナはフォークで潰します。

卵2個はよくかき混ぜておきます。

f:id:Betty0918:20190622193725j:plain

 

ボールで柔らかくなったバターと砂糖を混ぜます。

私はゴムべらで混ぜましたが、卵液を投入したところで分離しました。

この過程は泡だて器でやった方がよさそうです。

卵液は3~4回に分けて投入します。

潰したバナナも入れてよく混ぜます。

最後にクルミホットケーキミックスも入れます。

ここはゴムべらでさっくりと切るように混ぜます。

f:id:Betty0918:20190622194110j:plain

 

この材料で、パウンド型2本分です。

f:id:Betty0918:20190622194206j:plain

面倒だったので、100均で買ったパウンド型を使いました。

家にあるもので作るつもりが、パウンド型が1個しかなかったので、わざわざ100均行って買ってしまった(笑)

 

170℃のオーブンで45分焼きました。

f:id:Betty0918:20190622194358j:plain

できあがり~☆

なんて簡単なんでしょう!

ホットケーキミックスで作るので失敗なしです。

f:id:Betty0918:20190622194535j:plain

早く食べたくて、まだ熱いのに切りました。

切り口がちょっとボソボソになってしまいました。

テレビで観たシロさんのパウンドケーキは切り口もきれいでした。

でも美味しかった~!

ケーキ甘すぎたから、ストレートの紅茶とあいます。

 

この先夕べ放送「きのう何食べた?」のネタバレあります。ご注意ください。

 

富永夫妻とパウンドケーキを食べながら、「親の心境」を聞くシロさん。

富永夫妻の娘さんは30歳ですが、「8年も同棲している彼氏と結婚する気はないし、子供もいらない。」と言う。

富永夫さんは「孫の顔が見たい・・・」と寂しそうです。

 

シロさんのご両親は、シロさんがゲイであることに理解があり、「お正月にパートナーを連れてきなさい」と言う。シロさんはケンジを両親に紹介することを決意します。小日向さんやジルベールに両親への思いを話すシロさん。本物の涙流しながら鼻水だしながらの演技に感動しましたよ、西島秀俊さん、内野聖陽さん。

 

私が1番共感した親の心情は、シロさんが勤務する弁護士事務所の所長、上町美江先生。

「息子夫婦に気を遣わせたくないから、お正月は贅沢なホテルで友人たちと過ごす。」という考え方。

これ、いいなって思いました。

私もそうしたい。

お正月だから実家へ行かなきゃ!って、結婚した子供たちに気を遣わせたくないです。

 

とくに共働き世帯の奥様は「お正月やお盆休みくらい、自宅での~んびりしたいな~」って思いませんか?

私はそうでした。

せっかくの休みを義実家への往復と滞在で潰してしまうのは、負担だったのです。

 

贅沢でなくてもいいから、私も将来はお正月をホテルで過ごそう!・・・お正月は高いぞ(笑)

そう決意した50代後半の私です。

感動の温泉宿100 (文春新書)

感動の温泉宿100 (文春新書)