暮らしと勉強、猫も介護も~Bettyのブログ

実家の母を介護するために北海道から引っ越してきました。片づけと大学通信教育部の勉強と猫と介護と。そんな雑記ブログです。

今年の介護認定は?

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな暮らしへ
にほんブログ村

先日、母の介護認定のために、調査員の方が自宅にいらっしゃいました。

前回は3年前だったか?

www.betty0918.biz

 

その前が5年前。

hiro-beans-attack-no1.hatenablog.com

 

母が現在要介護2ですが、ここ2か月でグッと弱ってしまいました。

認知能力も身体能力も。

しかし、家の中であれば、手すりなどを利用しながら自力で歩行できます。

たぶん要介護3にはならないと思いますが。

 

約束の時間になっても調査員の方がいらっしゃらなくて、電話がかかってきて、「すみません、担当の者がそちらに向かう途中で交通事故に遭いました。ケガはありませんが、その処理などがあり、代わりの者が伺いますが予定の時間より遅れます。」とのことでした。

調査員の方も大変だなぁ。

 

予定より1時間半遅れて、介護認定調査開始。

 

調査員の方の質問に、母は自分の名前や誕生日は言えました。

しかし住所は言えませんでした。

3年前は言えたのに。

 

時間は言えましたが(「午前です」と答えられればOKです)、季節を聞かれて「春よ」と自信をもって答える母。

さらに「何月ですか。」と聞かれて「春は3月よ。」と強気の回答。

あ~あ。

3年前は「晩秋よ。」と答えて、調査員の方に褒められたのにねぇ。

 

しかし、身体能力の調査では、母は張り切ってスキップをするように足踏みしてみせましたし、手のグッパッも上手でしたし、立ち上がりもすんなりとスッと立ち、それはお見事でした👏

1番弱っていた9月後半なら、できなかったろうな。

 

www.betty0918.biz

 

調査員の方に「同じことを何度も言ったり、大きな声で怒ったり、そういったことはありませんか?困っていませんか?」と聞かれました。

私は「同じことを何度も言うのはしょっちゅうでした。大きな声で怒ったこともありました。けれど、今は以前より元気がなくなってしまい、同じことを何度も言っておしゃべりしたり、大きな声で怒れるほどの元気さが懐かしいです。元気のない現在の方が辛いです。」と答えました。

調査員の方は「そう言っていただけると、介護の仕事に携わっている身としては嬉しいです。」と仰ってくれました。

 

ちょうど長女もいまして、調査員の方は最後に「きれいなお孫さんと、優しい娘さんと、本当にお幸せですね。」と母に言って、母は嬉しかったのか、調査員の方を玄関までお見送りしました。

 

介護認定の結果が出るのは来月。

トイレの失敗などを散々アピールしましたので、要介護1になってしまうことはないと思います。

たぶん要介護2続行かな。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな暮らしへ
にほんブログ村

 

調査員の方によって、その基準に差があるみたいですけど。

なかなか責任の重いお仕事だと思います。